研究活動内容

研究活動内容

Research研究活動内容

修士論文

田中 壱成

二層立体トラス平板の面内および面外せん断有効強度

Effective In-Plane and Out-of-Plane Shear Strength of Double Layer Grids

村口 貴紀

懸垂型シェルの斜材配置決定法に関する研究

Determination Method of Bracing Member Arrangement of Hanging Type

卒業論文・卒業設計

有田 裕太郎

脚付き平面ラチス構造物の静的耐荷性能と終局耐震性能の関係

Relation between Static Load-Carrying Capacity and Ultimate Seismic Resistance Capacity for Portal Type Plane Lattice Structures

木戸 俊介

超弾性合金及びPVA繊維を用いた自己復元型RC梁の破壊性状に関する実験研究

Experimental study on failure behavior of self-centering RC beam using SEA bars and PVA fiber

清水 敬太

逆対称モード制御を用いたアーチモデル打撃試験

Impact Testing of an Arch Model using Anti-symmetric Mode Control

戸田 窓香

アーチ構造におけるASCとTMDの制振効果の比較

Comparison of Control Effect of ASC and TMD Methods for an Arch Model

福山 友理

セメント系複合材料及びジオポリマー硬化体のγ線遮蔽性能評価

Evaluation of Gamma Radiation Shielding Performance of Cementitious Composites and Geopolymer Mortar

藤岡 亮太

金輪継手を有するヒノキ柱の曲げ性能に関する実験研究

Experimental Study on Bending Performance of Hinoki Pillar with Kanawa Joint

松下 健太朗

斜行ケーブル吊り天井のケーブル配置と在来工法天井への適用

Cable Arrangement of Ceiling Suspended by Diagonal Cables and its Application to Conventional Ceiling

由良 誠

杉材に対するバサルト繊維シートの接着性能評価

Evaluation of adhesive performance of basalt fiber sheet to cedar wood

学術論文

谷口与史也,松井知也,吉中進

鉛直荷重下単層ラチスドームの静的および動的応答における弾塑性挙動の比較

日本建築学会構造系論文集,第747号,pp.709-716,2018年5月

S Pareek, Y. Suzuki, Y. Araki, M.A. Youssef, M. Meshaly

Plastic Hinge Relocation in Reinforced Concrete Beams using Cu-Al-Mn SMA Bars

Engineering Structures,Vol.175, pp.765-775, 2018.8

村口貴紀,吉中進,谷口与史也

斜材配置による懸垂型ラチスシェルの応力性状の比較

日本建築学会学術講演梗概集構造Ⅱ,pp.793-794,2018年9月

高田凌平,高岡良輔,谷口与史也,吉中進

二方向平行弦ラチスグリッドの載荷性能に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果

日本建築学会学術講演梗概集構造Ⅱ,pp.795-796,2018年9月

吉中進,谷口与史也

逆対称モード形状に着目したアーチ構造の振動制御

日本建築学会学術講演梗概集構造Ⅱ,pp.889-890,2018年9月

小鶴桂太,吉中進,谷口与史也

初期変位付与型TMDの空間配置に関する評価式の提案

日本建築学会学術講演梗概集構造Ⅱ,pp.891-892,2018年9月

山川誠,吉中進

単層ラチスドームにおける分散型TMD設計への順序統計量に基づく確率的最適化法の適用

日本建築学会学術講演梗概集構造Ⅱ,pp.893-894,2018年9月

西水真音,鈴木裕介,谷口与史也

杉材のバサルト繊維補強シートによる補強効果に関する実験研究

日本建築学会大会学術講演梗概集,構造Ⅲ,pp.297-298,2018年9月

古川敦士,鈴木裕介,喜瀬純男,Sanjay PAREEK,荒木慶一

塑性ヒンジ領域に銅系超弾性合金を用いた自己復元型RC梁の構造性能評価に関する実験 -その1実験概要-

日本建築学会大会学術講演梗概集,構造Ⅳ,pp.185-186,2018年9月

鈴木裕介,古川敦士,喜瀬純男,Sanjay PAREEK,荒木慶一

塑性ヒンジ領域に銅系超弾性合金を用いた自己復元型RC梁の構造性能評価に関する実験 -その2実験結果-

日本建築学会大会学術講演梗概集,構造Ⅳ,pp.187-188,2018年9月

梅本純也,鈴木裕介,谷口与史也

主筋の一部をSEAに置換したRC梁の曲げ性状に関するFEM解析

日本建築学会大会学術講演梗概集,構造Ⅳ,pp.189-190,2018年9月

晉沂雄,村上久志,胡焱冰,前田匡樹,鈴木裕介,藤原薫,清原俊彦,小池拓矢

RC造ト形柱梁接合部の構造性能に接合部補強筋及び変動軸力が及ぼす影響 -その3接合部補強筋と変動軸力を変数とした実験概要及び結果-

日本建築学会大会学術講演梗概集,構造Ⅳ,pp.651-652,2018年9月

村上久志,晉沂雄,胡焱冰,前田匡樹,鈴木裕介,藤原薫,清原俊彦,小池拓矢

RC造ト形柱梁接合部の構造性能に接合部補強筋及び変動軸力が及ぼす影響 -その4実験パラメータの影響分析及び強度低下率の検討-

日本建築学会大会学術講演梗概集,構造Ⅳ,pp.651-652,2018年9月

高野恭幸,鈴木裕介,谷口与史也

接合部降伏するRC造ト形柱梁接合部の破壊挙動に関するFEM解析

日本建築学会大会学術講演梗概集,構造Ⅳ,pp.655-656,2018年9月

高岡良輔,谷口与史也,吉中進

平行弦ラチス構造の耐荷特性に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果

日本建築学会近畿支部研究報告集,第58号・構造系,pp.289-292,2018年6月24日

多田光汰,吉中進,大庭直,谷口与史也

構造体に取り付けた斜行ケーブル吊り天井の地震応答性状

日本建築学会近畿支部研究報告集,第58号・構造系,pp.269-272,2018年6月24日

吉中進,谷口与史也

逆対称モード形状に着目したアーチ構造の振動制御の提案

日本建築学会近畿支部研究報告集,第58号・構造系,pp.297-300,2018年6月24日

楠本倖子,吉中進,谷口与史也

ストローク長さに着目した衝撃ダンパ組み込み型TMDの制振効果に関する一考察

日本建築学会近畿支部研究報告集,第58号・構造系,pp.301-304,2018年6月24日

西水真音,鈴木裕介,谷口与史也

バサルト繊維シートで補強した重ね梁の曲げ性状に関する実験研究

日本建築学会近畿支部研究報告集,第58号,構造系,pp.481-484,2018年6月24日

古川敦士,鈴木裕介,喜瀬純男,Sanjay PAREEK,荒木慶一

銅系超弾性合金を用いた自己復元型RC梁の構造性能改善に関する実験研究

日本建築学会近畿支部研究報告集,第58号,構造系,pp.529-532,2018年6月24日

梅本純也,鈴木裕介,谷口与史也

超弾性合金の配筋位置でヒンジリロケーションしたRC梁の曲げ性状に関するFEM解析

日本建築学会近畿支部研究報告集,第58号,構造系,pp.533-536,2018年6月24日

修士論文

小鶴 桂太

アーチモデルにおける初期変位付与型TMDの空間配置

Spatial Arrangement of Tuned Mass Dampers with Initial Displacement for Arch Model

多田 光汰

斜行ケーブル吊り天井の地震応答性状と実建物への適用について

Seismic response Properties of Ceiling Suspended by Diagonal Cables and its Application to Actual Buildings

高岡 良輔

平行弦ラチスアーチの耐荷特性に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果

Effect of Joint Eccentricity of Web Members on Load Bearing Capacity for Parallel Chord Lattice Arch

卒業論文/卒業設計

奥野 祥光

組立不良な部材を内包した二層立体トラス構造の静的弾塑性挙動に関する研究

A STUDY OF STATIC ELASTIC-PLASTIC BEHAVIOR OF TWO-LAYERED STRUCTURAL TRUSS STURCTURE INCLUDING INFERIOR ASSEMBLIES/ 長柄の三本橋を織る

梅本 純也

超弾性合金の配筋断面でヒンジリロケーションしたRC梁の曲げ性状に関するFEM解析

FEM Analysis on Flexural Behavior of RC Beams with Hinge Relocation by Arrangement of SEA / 路地の生活

楠本 倖子

ストローク長さを考慮した衝撃ダンパ組み込み型TMDの制振効果

Vibration control performance of tuned mass damper using impact force considering slide stroke / waterside in the city.

髙田 愛

部材の軸剛性を考慮した懸垂曲面によるシェルの形状決定

Form-finding of shell structures by numerical hanging method considering axial stiffness / 百舌鳥古墳群と暮らしを感じるところ

髙田 凌平

二方向平行弦トラスグリットの載荷性能に及ぼす節点偏心の効果

Effect of joint eccentricity on load-carrying capacity for two-way parallel chord truss grids / 繋ぐ、商店街

高野 恭幸

接合部降伏するRC造ト形柱梁接合部の破壊挙動に関するFEM解析

FEM Analysis on Fracture Behavior of RC Exterior Beam-Column Joint with Joint Yielding Failure Mechanism/ まちがある、まちであう、まちになる

西水 真音

バサルト繊維シートで補強した重ね梁の曲げ性状に関する実験研究

Experimental Study on Flexural Behavior of Built-up Beams with Basalt Continuous Fiber Sheets / セレンディビティニシキタ

町田 和資

屋根勾配が斜行ケーブル吊り天井の地震応答に与える影響

Effect of roof slope on seismic response of ceiling suspended by diagonal cables / 大和高田ドーム 〜夢現の可能性を込めて〜

吉野 玲葉

アーチモデルを対象とした初期変位付与型TMDの最適空間配置

Optimal Spatial Arrangement of Tuned Mass Dampers with Initial Displacement for Arch Model / よむ、あそぶ、まなぶ。

学術論文

吉中進,小鶴桂太,谷口与史也

初期変位付与型TMDの同調比の設定

日本建築学会構造系論文集,第738号,pp.1177-1187,2017年8月

Susumu YOSHINAKA and Yoshiya TANIGUCHI

Impact test of an arch model using TMDs with initial displacement, Proceedings of the IASS Annual Symposium 2017

“interfaces: architecture.engineering.science”, 25–28 September, 2017, Hamburg, Germany, Session #27, ID 9205, pp.1-10, 2017.9.

鈴木裕介,上野拓,Sanjay PAREEK,荒木慶一

超弾性合金の配筋位置によってヒンジリロケーションしたRC梁の構造性能評価に関する基礎実験

コンクリート工学年次論文集,Vol.39,No.2,pp.1351-1356,2017年7月

村上久志,晋沂雄,鈴木裕介,前田匡樹

接合部補強筋及び軸力がRC造ト形柱梁接合部の構造性能に及ぼす影響に関する実験的研究

コンクリート工学年次論文集,Vol.39,No.2,pp.205-210,2017年7月

梨本優也,菊池友介,鈴木裕介,前田匡樹

地震時応答観測データのフィードバックによる逐次修正解析モデルを用いたRC造建物の即時被災度判定

日本建築学会技術報告集,Vol.23,No.54,pp.497-500,2017年6月

小池拓矢,細谷典弘,鈴木裕介,前田匡樹,尾形芳博

RC造耐震壁の残性能評価とひび割れに基づく損傷量評価に関する研究

構造工学論文集,Vol.63B,pp.447-454,2017年4月

H. Alwashali, Y. Suzuki, and M. Maeda

Seismic Evaluation of Reinforced Concrete Buildings with Masonry Infill Wall

16th World Conference on Earthquake Engineering, Paper No.788, Santiago, Chile, 2017.1

Y. Suzuki, M Maeda, T. Ohta, J. Sakuta, T. Kiyohara, and K. Fujiwara

Experimental Study on Elasto-Plastic Behavior of R/C Exterior Beam-Column Joints with Parameters of Varying Axial Forces and Lateral Reinforcements

16th World Conference on Earthquake Engineering, Paper No.1959, Santiago, Chile, 2017.1

M. Maeda, T. Koike, N. Hosoya, Y. Suzuki, K. Tsurugai, and A. Nimura

Damage and Residual Seismic Performance Evaluation of Reinforced Concrete Shear Walls

16th World Conference on Earthquake Engineering, Paper No.1971, Santiago, Chile, 2017.1

L. Hao, Y. Suzuki, M. Maeda

Residual Seismic Capacity Evaluation for RC Buildings Considering Reduction of Seismic Performances

16th World Conference on Earthquake Engineering, Paper No.3693, Santiago, Chile, 2017.1

田中壱成,谷口与史也,吉中進

二層立体トラス平板の網目種類と面内および面外方向の強度特性に関する一考察

日本建築学会学術講演梗概集構造Ⅱ,pp.781-782,2017年8月

高岡良輔,谷口与史也,吉中進進

平面トラスアーチの耐荷特性に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果について

日本建築学会学術講演梗概集構造Ⅱ,pp.783-784,2017年8月

谷口雄基,谷口与史也,吉中進

木構造への適用のためのトーラス型二層立体ラチスの幾何形状と耐荷性能に関する研究

日本建築学会学術講演梗概集構造Ⅱ,pp.797-798,2017年8月

小鶴桂太,吉中進,谷口与史也

多自由度系における初期変位付与型TMDの設計法に関する一考察

日本建築学会学術講演梗概集構造Ⅱ,pp.865-866,2017年9月.

吉中進,大庭直,谷口与史也

斜行ケーブル型吊り天井の水平荷重に対する応答性状 その1 ケーブル配置法の提案

日本建築学会学術講演梗概集構造Ⅱ,pp.949-950,2017年9月.

多田光汰,吉中進,大庭直,谷口与史也

斜行ケーブル型吊り天井の水平荷重に対する応答性状 その2 自由振動試験と構造体との連成の影響

日本建築学会学術講演梗概集構造Ⅱ,pp.951-952,2017年9月.

高天健臣,村口貴紀,吉中進,谷口与史也

吊り下げ実験と最適化解析を組み合わせたシェル曲面の形状決定 その1 最適化問題の定式化

日本建築学会学術講演梗概集構造Ⅱ,pp.1003-1004,2017年9月.

村口貴紀,高天健臣,吉中進,谷口与史也

吊り下げ実験と最適化解析を組み合わせたシェル曲面の形状決定 その2 Tachira Clubを例とした適用性検討

日本建築学会学術講演梗概集構造Ⅱ,pp.1005-1006,2017年9月

晉沂雄,村上久志,鈴木裕介,前田匡樹,藤原薫,清原俊彦

RC造ト形柱梁接合部の構造性能に接合部補強筋及び変動軸力が及ぼす影響 -その1実験概要及び実験結果-

日本建築学会大会学術講演梗概集,構造Ⅳ,pp.521-522,2017年9月

村上久志,晉沂雄,鈴木裕介,前田匡樹,藤原薫,迫田丈志

RC造ト形柱梁接合部の構造性能に接合部補強筋及び変動軸力が及ぼす影響 -その2接合部補強筋及び変動軸力の影響-

日本建築学会大会学術講演梗概集,構造Ⅳ,pp.523-524,2017年9月

鈴木裕介,喜瀬純男,Sanjay PAREEK,荒木慶一

超弾性合金の配筋断面にヒンジリロケーションしたRC造部材の構造性能評価に関する実験研究

日本建築学会大会学術講演梗概集,構造Ⅳ,pp.571-572,2017年9月

谷口雄基,谷口与史也,吉中進

木構造への適用のためのトーラス型二層立体ラチスの幾何形状と耐荷性能に関する研究

日本建築学会近畿支部研究報告集,第57号・構造系,pp.409-412,2017年6月24日

大庭直,吉中進,谷口与史也

斜行ケーブル吊り天井の地震応答に及ぼすケーブル配置の効果

日本建築学会近畿支部研究報告集,第57号・構造系,pp.417-420,2017年6月24日

田中壱成,谷口与史也,吉中進

二層立体トラス平板の網目種類と面内および面外方向の強度特性について

日本建築学会近畿支部研究報告集,第57号・構造系,pp.425-428,2017年6月24日

村口貴紀,吉中進,谷口与史也

吊り下げ実験と最適化解析を組み合わせたシェル曲面の形状決定法の提案

日本建築学会近畿支部研究報告集,第57号・構造系,pp.433-436,2017年6月24日

小鶴桂太,吉中進,谷口与史也

初期変位付与型TMDの空間配置に関する一考察

日本建築学会近畿支部研究報告集,第57号・構造系,pp.605-608,2017年6月24日

準備中です。

お問合わせ

  • お問い合わせは研究室のFBにて